安くするために削れるところは?

高級車でなければ車両保険に加入しない選択もあり

自動車保険に関する出費をできるだけ安く抑えたい場合には、無駄なサービスを削ったり、契約プランを定期的に見直したりするのがおすすめです。たとえば、資産として価値がある高級車でない場合には、一般的な対人賠償や対物賠償の保険と比べて割高になる車両保険に加入をしないという方法もあります。最近では、自動車保険の安さを求める顧客をターゲットとして、車両保険をカットしたプランを提案している損保会社も多数あるため、早い時期から加入先の候補を探してみるのも良いでしょう。また、いざという時の単独事故に備えるために車両保険に加入をしたい人は、数ある損保会社の中でもネット割引の制度があるところや、契約更新時に余計な手数料が掛からないところを選びましょう。

オンライン申し込みの限定プランにも注目しよう

国内外の大手の損保会社の中には、オンライン上で自動車保険の契約を希望する顧客を対象とした限定プランを扱っているところも珍しくありません。こうしたプランを選択する場合には、店頭で申し込むよりも保険料が安くなるものの、ほぼ同等の補償を受けられることがあり、20代から30代の社会人を中心に関心が集まっています。また、家族や友人の紹介を受けて自動車保険に新規加入した人や、ゴールド免許を取得している人については、さらに良い条件で加入ができるケースもあります。その他、限定プランの保険料や補償内容については、加入手続きを行う時期によっても異なるため、タイミングよく対応をするうえで時間を掛けて会社選びをするのがおすすめです。