他の保険と重複しやすい部分は?

複数台所有している場合の人身傷害

自動車保険には万が一の時に受けられる補償が数多くあります。いくつかある補償の中でも他と被りやすいと言われるのが人身傷害保険です。人身傷害保険とは契約車両が走行中に事故に遭った場合、過失の割合に関係なく約款に基づいた保険金の支払いを受けられるという内容になります。この保険は契約者本人はもちろん、家族も対象となるので親と子供など名義が別の車を2台所有していても加入するのは1人で問題ありません。補償が受けられる対象が家族も含まれていると知らずに2台分加入をしてしまうケースは多くあります。 人身傷害保険は契約車両のみと他人の車両に搭乗中も含まれる2種類用意されていて、補償範囲で月々の費用が違うのが特徴です。2台分加入をするのであれば、それぞれ別の補償にすることで費用を抑えられます。

災害保険と被りやすい個人賠償責任

人身傷害と並んで被りやすい補償の一つに個人賠償責任があります。個人賠償責任とは日常生活の中で偶発的に起きた事故で他人に怪我を負わせたり所有物を壊してしまった時に受けられる補償のことです。ここで挙げる偶発的な事故とは自動車はもちろん、火事を始めとした災害による被害も対象となるので、火災保険や傷害保険にも個人賠償責任は含まれています。前述した人身傷害と違って全く異なる保険ということもあり、気付かずに重複してしまっているケースは少なくありません。契約をする時は先に他で補償が受けられるかを確認しておく必要があります。同じ個人賠償責任でも保険によって支払われる金額が違うため、支給額の多い所で契約を交わすことが大切です。