対面販売とネット型の保険料!安いのは?

少しでも保険料を安くするなら

自賠責保険だけでは、対応できない事故に遭う可能性もあり、その場合は多くの賠償金を請求されることもあります。それゆえ、もしもの事態に備えて任意の自動車保険にも加入しているドライバーは多く存在します。自動車保険は、長く支払い続けることになりますので、できることなら保険料は安く抑えたいところです。任意の自動車保険は大きく分けて、対面販売型とネット型があります。どちらが、保険料が安いのかということになりますが、少しでも保険料を安くしたい人はネット型に注目してみましょう。ネット型が安い理由としては、代理店を通さずに契約できることがあげられます。代理店を通さないので、余計な手数料や人件費、賃料などが発生せず、大幅にコストが削減されるのでその分、保険料が安くなります。

補償内容などは自分で選ぶ

保険料を安くするならネット型が向いていますが、契約前には注意点がないかどうかも確認しておきましょう。まず代理店の場合は、担当者と相談しながら保険のプランを考えていくことができます。ネット型の場合は、補償内容などは自分で決めなくてはなりません。選ぶのに悩んだときは、コールセンターなどで相談に応じてくれますので、こうしたサービスはうまく活用しましょう。事故が発生したときの、対応が良いかどうかも確認しておきたいところです。

ネット型の自動車保険は、お得な割引サービスが用意されていることも多く、そうした割引も利用すればさらに保険料はお得になります。ネット型自動車保険も複数社で展開していますので、各保険会社の保険料や補償内容も良く比較しておきましょう。複数の保険会社で見積もりをしたい場合は、一括見積もりも便利です。