自動車保険の仕組みを知ろう!

自動車保険は加入の時期や方法によって安くおさえられます!

自動車保険の保険料は、保険会社によって千差万別で、保険料をおさえるために、様々な工夫が可能です。まず、店舗を持たず、広告費にお金をかけない保険会社を選びましょう。店舗を運営するには、テナント料や人件費がかかり、全て保険料に上乗せされます。こうした経費を節減し、補償内容のサービスに特化した自動車保険を選ぶことが重要なのです。このような保険会社では、早割制度を採用していることが多く、自動車保険の乗り換えの際には、旧保険の期限が切れる相当前に契約するとかなりの割引を受けられます。

また、インターネットで契約すると、ネット割引により、会社によっては1万円ほど割引されます。紙媒体の保険証券の発行も断れば、さらに割引されるでしょう。

車の状態によって自動車保険の保険料が変わります

車に乗るのは週末の買い物だけなど、あまり車に乗らないオーナーは、走行距離によって保険料が異なる自動車保険を選びましょう。走行距離が短ければ、かなり保険料が下がります。走行距離はオーナーが走行距離メーターを見て行う自己申告に基づくもので、前年度の走行距離により次年度の保険料が定まることになっています。したがって、前年度に申告した予想走行距離を上回る距離を走っても、次年度の保険料が高くなるだけで、補償内容に影響しません。

また、古い車のオーナーは、車両保険の加入を控えることにより、保険料をおさえられます。車両保険は、全損事故を起こしても同種の車を買えるほどの補償を受けられる新車のオーナーにとって不可欠と言えますが、査定額の低い古い車の場合は、車両保険に加入しても車両の損壊程度に見合う補償を受けられるとは限らないのです。