不要な部分を削るときのポイントは?

新車購入時からの年数を考慮し、車両保険が役に立つか判断しよう

自動車保険に加入すると、オプションで車両保険を付帯することが多いでしょう。車両保険を付けておけば、無保険車との事故や単独事故でマイカーが壊れてしまった際に、修理費や新車交換費用を補償されるのです。新車購入時であれば、全損事故を起こしても、新たに同種の自動車を買えるだけの費用を補償されます。しかし、年を追うごとに車の査定額は下がっていき、車種によっては5年ほどで半額くらいに低下することもあるでしょう。

古い車は、車両保険に加入していても、全損事故の場合、新たに同種の自動車を買えるほどの補償は受けられません。車両保険の保険料は比較的高いため、新車購入時からの年数を考慮して、車両保険の加入の要否を判断しましょう。

他の保険と重複する補償は、自動車保険で加入しなくてよい

自動車保険には、日常事故賠償保険が付帯されるものが多く、加入するユーザーも少なくありません。日常事故賠償保険は、車外の事故についても補償される保険で、自転車事故やスキー場の衝突事故における対人賠償などもカバーされるため、非常に便利だと言えるでしょう。この保険に加入すると、運転者だけでなく、その家族も補償対象となる場合がほとんどです。ただし、別途自転車保険に加入していたら、自転車事故に備えるために、自動車保険に日常事故賠償を付帯する必要はありません。

また、火災保険にも日常事故賠償特約を付帯するものが多いので、自動車保険に日常事故賠償保険を付帯する前に、自宅の火災保険の内容をチェックすることが望ましいでしょう。